【くすぐられ】M性感嬢くすぐりシリーズ・その8(ハード編)【成宮いろは】

パッケージ画像
出演者: 成宮いろは
取り扱い店: 足フェチ&くすぐりマスター【足フェチ・くすぐりフェチ動画】
ファイル: mp4
再生時間: 20分8秒

配信形式をお選びください

1480
1980
お気に入り登録
対応デバイス

商品情報

ド迫力のマルチアングルで新しいくすぐり動画あなたに!
 
もう一つのくすぐられ作品の方でも述べましたが、
今回から従来のワンカメラで動きながらくすぐりを撮る撮影法から、
定点カメラを導入して男優の反応や女優の動きを俯瞰して撮りつつ、
カメラマンは、手つきや汗まで映るほどに接写したり
視聴者の皆様がまるで自分が覆いかぶさられていると錯覚するほど、
女優さんの顔を一人称で接写するといった接写のさらに上をいく
超接写の役割を担うという撮影法に変更しました。
本作ではメインをカメラマン視点で撮ったシーンで流しながら
時折定点カメラからのシーンを入れることで
緩急をつけることに成功しています。
この技術の導入の利点は大きく分けて二つあります。

一つ目は先ほども述べたように、映像に立体感と
それにともなう臨場感が出ています。
従来のカメラではお客様の中にも
ちょっと男優の体から離れすぎている、
カメラアングルが動きすぎていて落ち着かないと
感じられた方もいると思います。僕もその一人です。
しかし超接写では、カメラが近づき、女優さんの身体、手、顔に
カメラを集中させたことで例えば主観撮影は目と鼻の先で
プレイが起きているように撮影されています。
女優の動きもそこまで激しくないので、
自然カメラも固定的になっていますから
安定感の創出にもつながっています。

二つ目は、視点が複数になったことでそれぞれの部位のくすぐり
に一つ一つ男優の反応を照応させることに成功していることです。
これは足の裏くすぐりなどでは特に有効で、
今までは足の裏くすぐりの場合ワンカメは足の裏に集中して
カメラの見えないところで男優が反応しているため、
笑い声しか聞こえないという事態が起きていましたが、
今回は足の裏もばっちり接写しつつ
時折男優がびくびく体を弓なりに反らせているところを
定点カメラで撮り、足裏のシーンの途中途中で入れています。

M性感嬢シリーズ、お客様のおかげでロングシリーズとなり
これからもお客様のフェチ性活のおともとして頑張るつもりですので
皆さま何卒これからもご愛顧のほどよろしくお願いします。


PS.

くすぐりフェチマスターは下記アカウントにて
twitterで宣伝活動をしています。
フォローしていただければ、
最新作の発売日をチェックすることが可能なほか、
DMなどで自分の理想のシチュや
ぜひ出してほしいという女優さんのリクエストなど
様々な形で「自分の見たい動画を作る」ことも可能となります。
よろしければぜひフォローお願いします。

@ticklingfetish

この商品のユーザーレビュー

👍 の評価: 0件 / 👎 の評価: 0件 / すべての評価

この商品のレビューはまだありません。